知ってて得する育休豆知識 知ってて得する育休豆知識
 
育休って何?

育休の対象になるのって どんな人?

育休中に給与ってもらえるの?

育児休業給付金はどうやって申請するの?

育児休業給付金の支給って延長できるの?

育休の対象になるのってどんな人?


育児休業制度は、1歳未満の子供を抱える家庭において、
労働者が育児のために休業できる制度です。

産前産後休業とは異なり、
母親だけでなく父親も対象となり、
原則的には子どもが1歳を超えるまでは取得ができるようになっています。

特別な事情がある場合に限り
1歳を超えて6ヶ月までは取得することができますが、
基本的には1歳までとなります。

育児休業は正社員であれば問題なく取得できますが、
派遣社員やパート、アルバイトの労働者では取得できない場合もあります。

また、全ての従業員が取得できるわけではなく、
入社1年未満の者や雇用契約が満了して再契約される見込みがない者などは、
法令により除外できる者として扱われ、取得が不可能となるので、
条件を確認して申請するようにしましょう。

また、育児休業中は会社に給与の支払い義務がないので所得がなくなりますが、
雇用保険の方から育児休業給付金を受け取れるようになります。

支給される場合も条件が設定されており、
雇用保険に加入しており、
なおかつ休業開始前から2年の間に賃金の支払いが1年以上ある人が対象です。

給付額は賃金の67%となっており、
給付期間は子どもが1歳を超えるまでと定められています。

育休などさまざまな制度が制定されるなか、実際に利用している人は少ない状況です。

妊活をしているママたちも、このような不安をとりのぞけたら、と思っているはずでしょう。

少子化が進む中、胎児検査も一般的におこなわれるようになりました。

安心して子育てができる社会がより早くつくれることを願いたいですね。

育休


© 2014 知ってて得する育休豆知識